イタリアピザ職人の糖質制限ダイエット

2017年9月1日から糖質制限ダイエットを始めました。スタート時は、170cm94kg、体脂肪率28%です。糖質制限ダイエットが成功したら、ダイエットレシピ本執筆と糖質制限イタリア居酒屋やりまっせ!まずは痩せるで!好きな料理は生クリームです!

母の日

実家神戸の妹(小6)から電話が来ました。私、東京。

妹 『お兄ちゃん、母の日のプレゼントありがとう。』
僕 『いやいや、おんたは俺の母じゃないでしょ、妹やん。』
妹 『お兄ちゃんがオカンに送った宅配便の中身をすりかえてからオカンにその宅配便を渡した』
僕 『え!?じゃあ、俺が母のために頑張って選んだ品物は!?』
妹 『もはや私の私物です、可愛い湯のみとお茶碗!私の!』
僕 『ちょっと待ってよ!え、一応聞くけど、何とすりかえたん?』
妹 『刺身。』
僕 『生ものやん!』
妹 『しかも昨日の残り物。』
僕 『料理したのオカンやろ?』
妹 『うん、でも、ばれなかった、プレゼントに喜んでた。』
僕 『オカンもアホの人だったの忘れてた!』
妹 『さすがに昨日の食卓に並んだ物だからばれるかとドキドキしたけど。』
僕 『俺、生ものをゆうパックで送るほどアホじゃないのに・・・。』
妹 『しかも刺身に私の指紋をばっちり残したのにバレなかった。』
僕 『犯行の跡をわざと残すな!愉快犯か!というか、刺身についた指紋なんか誰も調べへんわ!』
妹 『わざわざ飴をころころ指で触った後に指紋つけたのに。』
僕 『いたずら心働きすぎ!茶目っ気で済ませる気か!』
妹 『オカンが「甘いなあ、ペコちゃんの飴の味するわあ、東京の刺身は甘いんやなあ」って言いながら食べて喜んでた』
僕 『オカンもアホの人か!』
妹 『すごい切なくなったからオカンの肩をもんであげたよ。』
僕 『うん、それは良い母の日の行いだ。』
妹 『お兄ちゃんから送られた宅配便の中に入ってたマッサージ機みたいなのを使ってね。』
僕 『お前、俺がおばあちゃんに送った宅配便まで開けたのか!』
妹 『あはは、うそうそ、冗談やって。』
僕 『え?そうなの?よかったー、冗談かー、じゃあ、俺のプレゼントはちゃんと届いたのかー。』
妹 『肩を揉むあたりからはウソよ。』
僕 『ほとんど本当やん!くそ−!』