読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピッツァじゃなくてピザだからっ!!!

関西で何店舗かPIZZERIAを経営してる石窯ローマピザ職人の下瀬明信です。アダ名は、せもし。飲食店作りたい人に向けて、お酒に合う惣菜ピザやおつまみのレシピを書いていきたいです。お店の作り方や経営ノウハウとかも書きたいです。自分の経験や知識を出し惜しみしませんが、ヤル気はなかなか出ないです。

せもし君のイタリアンレストラン接客日記

・お店の掃除とランチの仕込みとウェットティッシュの濡れ具合確認完了!今日も最高の生乾きだぜ!さあ、営業開始だ!


・その前に、ご飯。もちろん飲食店の朝の賄いと言えばデザート盛り、世界の常識、みなさんのお近くの豚骨ラーメン屋だってそうさきっと。


・僕の制服が知らない間にクリーニング屋さんに出されたので汗っかきの人が前日に着てた服を借りて着た。脇からすっぱい匂いがしたので、同僚4人からいっせいにリセッシュをふきかけられた。だけど、そのうち一人はガスバーナーを持ちながらアルコール吹きかけてた。


・今日最初のお客さんは団体6名。注文の時に女子二人がニヤニヤしながら声を合わせて『ピザは何分で出来ますか?』とまなかなばりの息の合った言葉を投げてきたので、私は無言で厨房に戻り従業員を連れてきてデブ二人で『ちょっと、ちょっとちょっと』とざ・たっちばりに声を合わせて言った。この店で俺より面白いことさせてたまるもんか!笑いの主導権は客に渡さへんで!


・ピザが何分で出来るかは伝えてません。でも、ピザを注文してくれました。お礼に『ゆうたいりだつー』もやりました。


・昼間からビールを飲んでる常連のお客さんに『いいなあー、僕も飲みたいなー』と言ったらお客さんが僕にビールを奢ってくれたので生ハムを奢り返して小さな宴を開いた。仕事の手を抜かなければ飲んだっていいというスタイルです。


・きれいなお姉さんが食後にDSを取り出して、いたストDSをずっとやってた。僕と目が合って『あの、ま、ま』って僕にしゃべりかけてきたので『ま、ま、マリオより強いのかしら、あなた?私に勝ったら私の鼻セレブをいただいていいわよ!』って言うのかと思って僕もポケットに入れているDSを取り出そうとしたのだけれど、その女性は『ま、ま、マンデーはランチやってますか?』って聞いてきた。何で曜日を英語で言うねん。


・家族連れで小さな女の子が『コーラちょうだい!』って僕に向かって何度も叫んできたのだけどお母さんが『ダメよ!お金かかるでしょ!』って女の子を押さえてた。だもんで僕は、『じゃあ、お兄ちゃんと半分こしよっかー』ってコーラを女の子にあげた。そしたらその女の子のお兄ちゃん(小学生低学年ぐらい)が『いいなー、僕も欲しい!』って言ってきやがったから僕は『世の中は不公平なんだよ!可愛い女の子はちやほやされるんだよ!男は200円払いなさい!それか私を笑わせてみなさい』って言った。


・そしたらその男の子は『佐々木先生が黒板についた自分の指紋を大絶賛してる時のモノマネ』をしてくれて大爆笑したので、コーラ2本あげた。あとで酒屋さんにコーラ3本奢ってもらわなきゃ俺がコーラ代払わなきゃいけなくなってしまった。


・とても地味に独特な動きをするちびまる子ちゃんの野口さんタイプの常連のお姉さんはいつも食後にサッカー雑誌を熱心に読んでいるので、話しかけてみたら、『もしも中村俊輔の身長が3メートルだったら』っていう話を熱心にしてくれた、FWも出来るようになるしジャンプの通販コーナーに出れるって言ってました。あと、ゴールポストが人柱だったらいいのになって話で盛り上がりました、男でも女でもビキニがいいよね!って!


・休憩中に店のテーマソングを後輩女子と一緒に作りました。タイトルは『毒リンゴの先には恋があるから』です。どう考えてもうちの自慢のアップルパイが売れなくなるなあ。


・夜はお客さんがびっくりするくらい来なくてものすごく暇だったので、デジカメで料理番組コントを撮影しました。ブートキャンプをしながらピザを作りました。


・夜の賄いは豚焼き肉。一人一キロの肉を用意。お腹いっぱいで死んだ。


・明日も接客頑張るぞ!ここで頑張って良い笑顔で接客していればいつかホリプロスカウトキャラバンに目を付けられるはずだから!目をつけてくれるなら小室哲哉でもAV監督でもいいけどねえー!

広告を非表示にする