ピッツァじゃなくてピザだからっ!!!

関西で何店舗かPIZZERIAを経営してる石窯ローマピザ職人の下瀬明信です。アダ名は、せもし。飲食店作りたい人に向けて、お酒に合う惣菜ピザやおつまみのレシピを書いていきたいです。お店の作り方や経営ノウハウとかも書きたいです。自分の経験や知識を出し惜しみしませんが、ヤル気はなかなか出ないです。

最初に言っておきたいこと。ストレートに、遠回しに、どうしても言っておきたいこと。


2010年10月、僕は神戸にイタリアンレストランを作ります。ずっと前から考えていたことだけれど、さっき本気になりました。


僕の出番なんか一生来なくてもいいと思っていた。僕は好きなものを好きでいられれば十分幸せだと思っていた、僕がどんなにどうしようもないクズ人間でも、僕以外の僕の好きな人、すごい人、みんなから愛されるべき人が、輝いていればそれで十分だと思っていた。受け身でいいじゃないか、チャレンジしない臆病者でもいいじゃないか、誰にも迷惑かけてないしちゃんと世界を愛してる、僕は。


だから、僕は『すごい人を応援しよう!』と、思って、今の会社を選んだ。そして2年経って、今の会社を憎んだ。


僕は読書が好きで、音楽が好きで、映画が好きで、美味しいものが好きで、笑顔の人がすごい好きで、とにかくとにかく、好きなものがすごく多いんだ。なんというか、『自分のこと以外はすべて好きだ!』って感じ。別に自分を嫌いなわけじゃないんだけど、かといって、好きではないだけど。


いつもいつも疑問に思っていたことがあるんだ。誰にも知られていないような、所謂売れていない、映画や本や音楽、の中に素晴らし過ぎるものがあるのはなんでだろう?っていうこと。ねえ、もし、それを知ってもらえたら、世界は変わるんじゃないかなあ?知らないって超もったいない!


僕はそれがすごくもどかしかった。頑張ってる人が報われないなんて嘘だと思ってた。だから僕は、頑張ってる人が報われるような仕事をしようと思った。輝くべき人を絶対に腐らせてたまるもんか。あなたがみんなに思いを届けることが出来ないなら、僕がそれを支えよう。僕が大声を出して町中を走り回ってやろう。そう思った。


僕は広告関係の仕事に就いた。2年経った。もどかしさは怒りに変わった。なるほど、僕の声は届かない。それは僕に力が無いからだ。僕には力が必要だ。力はお金だ、ちくしょう。


人が生きるにはお金を稼がなきゃいけない。わかる、ものすごくわかる。でも、それは『目的』じゃない。お金は『条件』だ。だから、利益第一主義じゃいけないんだ。人は嬉しいと、お金を払うものなんだ、本当はそうなんだ。


僕が愛したものはなんだろうか?僕はなんのために頑張っているんだろうか?考えて考えて、自分を好きになってみることにした。自分が最も輝いて、みんなに笑ってもらえる方法。


自分が楽しければ、僕の周りはきっと笑顔になる。なんて幸せなことなんだろう。


僕に出来ることはなんだろうか?僕がやりたいことはなんだろうか?実はずっと昔から、小学生の頃から思っていたことがあるんだ。それは、夢、だ。


僕は人とのコミニケーションが得意な方じゃない。人見知りだ。誰かを傷つけてしまうことが非常に怖い、と言いつつ、けっこう傷つけちゃったけどいろいろ。


だけどさ、美味しいものを一緒に食べれたら、美味しいものを紹介出来たら、一気に誰とでも仲良くなれる気がするんだ。だって、美味しいものを食べたら自然と笑顔がこぼれるでしょう!


僕はめんどくさがり屋だから、一番わかりやすいことがしたいんだ。みんなが幸せになる方法、それは美味しいものを食べることだ。


そんな仕事、素敵すぎるじゃないか。


だから、僕は飲食店を開業することにした。


もちろん、他にも色々理由はある。ビジネス的な理由もある、打算的な理由もある。だけど、原点はそこしかない。


『みんなで美味しいもの食べようよー』。


僕はそんな思いが日本をもっと楽しく出来ると信じている。僕の出番はもうすぐだ。僕がやらなきゃいけないんだ。支えてるだけじゃ、駄目なんだ。僕が力を蓄えなきゃいけないんだ。僕に力があればきっと救われる人がたくさんいるんだ。そして、『たくさんの人に喜んでもらいたい』と思ってる素晴らしい人の力になるんだ。


僕は好きな人や好きなものを、もっと好きになるために、チャレンジすることにした。もしかしたら、僕が黙っていれば、日本は面白くなくなるかもしれないじゃないか、それは困る。何が何でも面白くしたい。毎日笑いたいし、笑わせたい。


頑張ってる人が報われないなんて、そんな話にオチがつくわけないじゃねえか。


志は高いぜ。世界中の人と笑い合いたいぜ。辛くて泣いてる場合じゃないぜ。人を幸せにしたい思いが届かないわけないだろう?届かないなら、それは世界が間違ってる。俺はそんな世界ならぶちこわしに行くつもりだぜ。力をつけるんだ、やるしかないんだ。


ただ、ちょっと、世界中ってのは遠いな。まずは身近な人達と自分から。そこから始めよう。幸せ感じまくってやろう、誰かにわけられるくらいになれたらいいなあ。


楽しけりゃいいよね。


ということで、飲食店開業日記スタート!未来は確かに動き出したぜ。そりゃあもう、革命を起こすくらいの勢いで。小さい革命でもかまわないさ。僕が何か作れば誰かが大きくしてくれるかもしれないし。何かしなくちゃ、それも、超やりたいことをしなくちゃ!楽しくてたまらないことを!


じゃあ、やるよー。