イタリアピザ職人の糖質制限ダイエット

2017年9月1日から糖質制限ダイエットを始めました。スタート時は、170cm94kg、体脂肪率28%です。糖質制限ダイエットが成功したら、ダイエットレシピ本執筆と糖質制限イタリア居酒屋やりまっせ!まずは痩せるで!好きな料理は生クリームです!

『SHORTCUTS!』RIP SLYME


Syrup16gが何処にも売ってない田舎町に住む僕は悔しさのあまりなかばやけくそに今となっては腐女子が買うような(失礼)アイドルRIP SLYMEのDVDを中古2000円で買ってしまいました。ポップ過ぎるが故にハードコア志向のHIP-HOP好きには敬遠される彼らですがジャジーでボッサでラテンで色んな音楽をまとめて自分のものにしてしまうコンダクターFUMIYAのトラックが抜群なので見た目軽くても中身ぎっしりの楽曲群なのでひたすら批判にさらされてしまうようなグループでは無いと思います。


さてDVDの内容ですが値段の割にかなり濃いです、お得。定価3800円は安いと言っていいと思います。PVが6曲入っててライブ映像+オフショットが1時間10分ほど。ライブ映像を見てると日付が新しくなるにつれキャーキャー女子の割合が増えているようなので男子諸君は辛いかもしれません。これはもうフェスで見る以外はRIPのライブを見に行けないかもと思ってしまいました。ラッパーはライブになるとCD作品よりも質が下がってしまう傾向がロックよりも強いという印象があるのでRIPはどうかと見てましたが全然大丈夫。確かにラップの上手さは落ちます、が、それを凌駕するステージパフォーマンスは安定しているために迫力が出て客はガンガンのれるのです。ハーコーの皆さんは非難の的にしやすいでしょうが、衣装でボケてみたりライブ中にダッチワイフを客席に投げまくってピー音が入りまくる単語を連発したりとエンターテイメント性はハイレベルなのでこれはこれでジャパニーズヒップホップの一つの形としてはありだと思います。黒人とは土台が違いますしね、不満が無いなら自由でも、不満があるならライムに込めてDISり合い、そして僕は傍観者。



超名盤『FIVE』を聴いても駄目だったら嫌いだと言ってもいいと思いますよ。



HIP-HOPのライブってあんまり行ったことないんですよ。KICKとかRIPはフェスで何度か見てますけど、ハーコーはMAGUMA MC'Sと韻踏とDOBELMAN INCくらいしか経験ないですわ。だって怖いもんよー、それに一緒に行ってくれるヒプホプー友達いないもんよー。いつかTWIGYとかの狂気に触れてみたい、けど怖そー((;゜Д゜)ガクガクブルブル 。たぶんこれからもロック中心。RIPのライブはメジャーデビューの一年位前に何かのイベントで見たんですけど、そん時はそんなに目立った印象は無かったなー。インディーズ時代の隠れた名曲『真昼に見た夢』とけっこう有名な名曲『マタ逢ウ日マデ』は必聴。


ああ、そういえば僕が運営しているテキストサイト『それぞれひとつのLIFE。』って名前はモロにRIPの曲からパクったんだった。そうだったそうだった、忘れてた。


今、恐ろしいことに気付いた。ワンマンライブって二年前に行ったバンプ以来行ってない!うわ!音楽好き失格!イベントとか無料招待ライブには行ってたけど!貧乏でひ弱って最悪!情熱は約束を守るけど情熱がへなへな状態!まあ、そんなゴゴ。