大阪のローマピザ職人のレシピと経営裏話

好きな料理は生クリームです!

ラェイブ〜さよなら僕らが眠らない理由〜


アデェエイ!俺がはてなバンド率いるせもしだ!メンバーは一人!孤高のエンターテイナー夜の風紀委員長!いくぜ!!まずは一曲目!!さ・わ・げええええええ!!


『どうせダメ人間だもの』
作詞作曲:せもし


やりたいことやり続けてたらこうなった ダメ人間 でも最高
やりたいこと必死にやってたらこうなった ダメ人間 だから最高


小さいこと気にしてビビるよりもただ笑ってたらダメだったことが楽しくなってきた
3秒だけ落ち込んで4秒後にまあいいかって笑ってりゃダメ人間 ああ最高
負けても負けない気持ちってあるんだろうなあ 
あるといいなあ ダメ人間は来月中旬に勝てそうです
ははは 気にすんな気にすんな 
頑張って負けるのがダメ人間 それでも諦めないのがダメ人間だもの 
俺はただのダメじゃないって ダメ人間なの ダメ人間だもの 
もっと這いつくばるぜ 無様にやりたいことやるのさ
どうせダメでしょ でもやるんでしょ 
ああ ダメ人間だねえ 好きだねえ ゆるいねえ 夢見がちだねえ


慰めあおうぜ 馴れ合おうぜ じゃれていこうぜ でも愚痴は今日だけな 
一人になったら頑張るんだろ ダメ人間
ダメ人間は気軽に人に頼れないんだぜ やりたいことやってるからね 
だから友達と会った時は大はしゃぎするんだぜ
どうせ一人でダメ人間 いつまでたってもダメ人間 
やめる気なんて無いダメ人間 何がダメかもわからないダメ人間 とにかく最高
明日も不器用に頑張るぜ 100回戦って1回勝つために頑張るぜ 
自分の限界に気づかないのがダメ人間だぜ めっちゃええやん

 
やりたいこと諦めなかったこうなった ダメ人間 けど最高
やりたいこと叫んでみたらこうなった ダメ人間 おまえら最高だよ 俺も 俺も最高ね ね 最高ね
 


・・・・・・・・・・・いえい!!あー、ども、一曲目聴いてくれてどうも。あー、はてな重いな、ちょ、ちょっと待って、水飲むから、うん。・・・・・ああうめえ!


ああ、一曲目が今回用意してる唯一の明るめの曲なんでこれからどんどん暗いライブになっていくよ!くらいくらい。あーあー。明るいのが必要だと思ったら即興でやるかもね。こう、なんていうか、お前ら最高。こっからの客席の眺めは最高だぜ。俺はお前ら一人一人と戦うため、話をするために、たった一人でここに立ってる。だから聴いてくれ、何かを感じてくれ、もちろん無視してもいい。俺はここにいる!いえい!


次にやる曲は、高校時代に知り合った、年上の親友にささげる曲です。幸せになってるかな?じゃあ聴いてください。山崎まさよしリスペクト!

『10月の手紙』
作詞:せもし 作曲:山崎まさよし


僕の住む街にたくさんの建物が増えてって
子どものはしゃぐ声は篭もり始めた
ちょっと最近のこと


変わらない友達は不思議なままで
昔のことを思い出しては同じ笑い方をする
いつまでも気が合うみたい


衣替えの季節がやってくるたびに 風邪を引きそうになって

少し期待してみたりして 少し切なくなったりもして

君に手紙を書いている


この前友達の就職祝いに行って
贈る言葉でほんの少しひんしゅくを買った
初恋の子に笑われた


たまに懐かしい顔を見るたびに つまずいて膝じゃないところが痛くて
少し安心したりして 少し不安になったりもして


新婚生活はどうですか?


ありきたりな言葉だけど
なんとか諦めずに頑張ってるよ


少し抱きしめたくなって
少し突き放してあげたくもなって


とりとめもなく
十月の空の下
君に手紙を書いている




どうも、ありがとう。春になると新生活が始まるというのに、僕は懐かしい人に会いたくてたまらなくなります。前を向いてないわけじゃなくて。あー、がんばらなきゃな。お金は大事ですよね、ほんと。あとでお金の話をします。その前にこの曲を。


『キレイ事を言えるうちは言っておこうよ』 
作詞作曲:せもし


財布の中にしまいこんだ 地下鉄の切符を眺める
もう使えやしないけど  僕には意味があるんだ
磨り減って薄汚れた紙切れが憎くてたまらない
川に流してやろうかと思ったけど今度はお守りにしちまった 
捨てられないよ 今度は負けない


諦めるのが怖かっただけなんだ
そんなにカッコ良い理由なんてなくて
震えながらレモンティーを飲んで電車を待ってた 
空き缶 固くて冷たい 蹴飛ばす勇気も無い


お守りの中にしまいこんだ 地下鉄の切符を眺める
これがオレのライバルなんだぜって人に見せる意味は無い
駅の名前が消えかけた曖昧さが悔しくてたまらない
ビリビリに破こうと思ったけど今度は壁に貼り付けちまった
目を逸らさないさ 二度と負けるか
 

諦めるのが怖かっただけなんだ
そこに信念なんか無く情けなさを隠したくて
これ以上歩くのが嫌で電車を待つのをやめた
冬の東京 固くて冷たい 家に帰る勇気も無い



壁に堂々と貼り付けた 地下鉄の切符を眺める
コンクリートごと拳で殴りつける意味は自分だけにある
何も主張しない無機質さに頑張ろうって気になってたまらない
大事にしようと思ったけど破って財布の中に戻しちまった
形なんてどうでもいい 負けるわけないから


諦めるのが怖かっただけなんだ
だから僕は逃げ出さずに最後まで戦って倒れた
次の電車がやってくるまでに立ち上がってやるさ
現紙くず 固くて冷たい 今なら握り締める勇気がある


乗れなかった電車 もう一度乗るのは怖いけど
諦めるほうが怖いんだ 臆病者のリベンジはダサくて
世間の奴らは俺を見下すつもりなんだろう
でも そんなことは気にしない 破いた切符がつれてってくれる
お前はどこまで行きたいんだい?その切符ならどこでもいけるさ
忘れるな どこでも 行きたいとこまで負けない


ありがとう。この曲は去年の受験の悔しさを、病気になったくやしさを、はねかえすために作った曲です。今年は東京で勝負しますよ、はい。東京から神戸に帰ってきて、まっさきにやったことがお金の計算なんですよ。僕は小さいころ、貧乏でしてね。そういう環境で育つと自然に親にお金で迷惑掛けられないなって思うわけです。でも、東京ですよ、東京に一人暮らしですよ。昔に比べると我が家も裕福とは言えないものの余裕はありますけど、でもでも、きついよなあ。そんで、バイトした貯めたお金と照らし合わせながら新生活にかかるお金を計算してたら、ギリギリ、というかアウト。僕のとこは四人兄弟で、だから、あんまり親にお金を望むこともできなくて、それでも仕送りはもらうんですけど、恥ずかしながら、うん、でも余分なお金はもらえないですよね。雑誌見てると仕送りは10万だとか15万だとか書いてる人が多くて、ああうらやましいなーなんて、そんで悩んでたら・・・・。あ、そのまえに、次の曲にいきます。

『午前4時の灯』
作詞作曲:せもし


窓を開けると寒くて 余計に眠れなくなった
冷たい風は部屋の中に渡りきってカーテンが切なそうに揺れる
壊れたCDラジカセから流れ出すメロディはいびつで爽やか
歪んだトータスの熱い叫びは冷えた空気に中和されて笑える一突き
全ての電気を消して外に出てみようってわけだ
暗闇に目が慣れたら歩き出す 頼る灯りは自販機のみ
適当な段差に腰掛けてタバコをふかす
新聞屋さん横目に焦りと震えと優越感と
わざと薄着にして秋を感じる かなり意味の無いこと
星が見えない街の19年間は寂しすぎて
せめて月だけは見えてくれと願う僕の前には缶コーヒー
遠くで漏れる光はコンビニとパン屋さんと馬鹿大学生の下宿で
どれも他人が作ったもの
僕が欲しいのは誰も一人じゃ作れない灯
照らさなくてもいいから とにかくそばにあってほしい
今なら簡単に消えれると思った
それでも部屋に戻ったのは現実が嫌いじゃないからで
まばたきすら恐怖に感じた
早く寝ようって夢に逃げる最近はからっぽなりに充実してる
布団の中に頭を隠して感情を解放するって好きだよ
誰も見てないのにかっこつけて醜く泣いて
気が付いたら死んでたってのが一番いいな
寝る前の時間は苦しすぎてどんどん小さく丸まってく
目に見える真っ暗 いつもどおりで今日も落胆
絶対勝てない灯 欲しいな灯


振り返ってみると意外に積み重ねていないことに気付くのです

悩んでたらね、おばあちゃんが僕の部屋にはいってきてぽんって通帳を渡してきたんですよ、『貸したるわ』って言いながら。お金に悩んでる僕にお金を貸してくれるって言うんですよね。親には内緒って言いながら、出世払いで返したらいいって言いながら。通帳見たら僕の名前が書いてあるんですよ、10年くらい前からの定期預金なんですよ、ね。貸すってさ、そんなわけないですよ。最初から僕に渡す気で、ずっと前から僕に渡すつもりでいてくれたんですよね。すごい粋。僕はその粋な嘘に付き合いませんよ、建前につきあいませんよ、馬鹿正直に出世払いして祖母孝行しますよ。僕はこういう人情が大好きでして、ベタなものに冷めたくないというか、感謝しながら感動しながら生きていたいと思うんですよ。甘いと言われようが僕は浪花節を否定することは絶対にしないですよ。泣きました、ばあちゃんが部屋を出た後、泣きましたよ。そんな馬鹿で、弱弱しいダメ人間になりたいと思います。別に苦労した人間が偉いわけじゃないけど、苦労した方がかえって楽しいかもしれませんね、じゃあ、次は、この曲。



『ウイークデイ』
作詞:せもし 元曲:BUMP OF CHICKEN[ホリデイ]


失敗しない 後悔しない 人生がいいな
少し考えてみただけさ 有り得ないって解ってる


駅前のベンチに座って思い出してたよ
本屋さんだった場所にバス停が出来て疲れた顔が並んでる


難しいこと考えなくてもよかった日々が途絶えて
いっそ 止めたくなって それも出来ない
そんなモンだって 割り切れた訳でもない


マンガを読みながらバスをずっと待ってた 
今は10ページ分すら待たなくていいほど交通の便が良くって


見回すと高いビルがたくさんあって 
押しつぶされそうな気がしたから行き先考えないでバスに乗り込んだ


どうやらまた 思い出に逃げちゃった
新しい街に行ってみよう 過去なんて無い場所へ
気が付いたら一日が終ってたってのが嫌で何でもいいから思い出が欲しくて
ああ また思い出か 仕方ない


失敗しない 街が消えない 人生がいいな
ざまぁみろ 僕は見つけたぜ バスから見える窓の世界で


もしかしたら そろそろ家に帰って
本を開かなけりゃ やばい頃
だけど 負けない 僕は降りないぜ
終点が何処かもわからない


巧くいかない 日々が繋がって
いっそ止めてみたら なおさら酷い
こんな僕だって 生きてた過去が続いてる


失敗しない 今しか見れない人生なんて ない
帰り道を知らなくても 行こうかな
そんで ちゃんと自分の部屋で眠れたら
思い出し笑いをしてる来年の自分を想像しよう


あと 2回 バスが止まったら この街の名前を聞いてやろう
あと 3回 バスが止まったら 次の街から帰ってやろう


どうもありがとう!さあ、持ち曲がなくなったよ!こっからはフリースタイル!どうしよう!意外と厳しい!甘く見てた!そ、それじゃあ、とにかくラッパーせもしに登場してもらおう!いえい!ひねもす軟弱ラッパーかつ本物アングララッパー!!MCせもし!通称SMC!!



YO!俺がSMCだイルスキル!レペゼン神戸!マイカフォンから調子はどーだい!?客席いいいい!!盛り上がってるかああああ!!!SAY!ふおおおおお!!SAY ふおおおおおお!!さわげえええええ!!HO!HO!


古いスタイル!フリースタイル!さあ、不安不安!こっから思いつきだけでリリックを書くのだから!よし、じゃあ、やってみっか!俺がNO1だと証明しよう!ヘイヨ!ライツ!カメラ!アクション!  

『アンテナなんてなpart1』ラップ:SMC


遠征先で見るアンテナなんてな焦ってない パケット代 勝てっこない カセット買い 掛けてない
してして欲望 見切り品のパンは黒糖 驚くと エロチャンネルに映る黒棒 外人に勝てないので国防 チャンネル変えたら小久保
24時間1000円を割って計算 練り案 1勝負333円と勝算 体力なくなり降参 ごめんなさいお父さん! 
もう勃ちません あきません 秋田県 の美人には飽きません 小町まちまち待ちません すいません!
明日は何の日 大事な日 さあ、寝るぞ いたいいたいいたいマイソン!とマイソング!


文字のフリースタイルってことで、韻踏みにこだわってみたぜ!粋なライムといなたいブレイクビーツ!SMC in da place to be!よーし、かなりてんぱってるぞー、やっと受験がひとまず終わったんで焦ってはじけるのも悪くないか。ははは。じゃあ、、続けるぜ俺のフリースタイル!何もおかまいできませんが来たきゃくれば!


『アンテナなんてなpart2』ラップ:SMC


モツ鍋 持つ金 も掴め どっすかね? おつかれ 臆だね 語句掛け 得やね ロクじゃねぇ よく噛め 退くカメ 食うかね?
    

『アンテナなんてなpart3』ラップ:SMC


東京女子高生スカート ふわっと 風がずかーっと 見るつもり無いけど見えてしまいますもん!
階段猥談裁断哀歓来観 パンツじゃなくてブルマ それもいいなあ!
どうすればなれるのサドル 妄想はかどる バラドル? パラソル? あらそう! いやあ、東京は女子限定自転車天国でんねん!

さあ、俺が本当はNO58億くらいだと証明されたわけでここでパス ザ マイク!客席!誰かラップしねえか!俺と勝負しようぜ!待ってろ!今行く!


よーしよーし、好き勝手に騒いでくれたまえ!楽しけりゃいいんだから!



・・・・・・アデェエイ!SMC改めせもしだバカヤロー!さあ、ラェイブもいよいよ大詰めとなりました。id:kasaiくんの後継者にになる気なんてさらさらないけど、彼が残したものを超えるつもりで彼をリスペクトする。だから、僕はレイディオじゃなくてラェイブをやった。彼に勝てるかどうかはわからない、きっとまだまだだと思う、だけどそこに留めちゃってていいのかい?楽しければいいじゃない。楽しいことに必死になる、僕はそういうのが好きだ。可能性があるなら失敗しようが成功しようがとにかくやってみるんだよ。だから僕は次はレイディオドラマなるのをやろうかと考えてる。もっと楽しもう、もっと楽しもう精神で。いつか彼が残した真のレイディオをやろうと思ってるけど、今、そのままやってもどうせ彼より楽しくできない、僕はもっと遊びたいんだ。だから、もう、『僕らが眠らない理由』は必要ない。4月から東京にいきます。それは願っていたことで、うれしいことで、もう、夜に苦しまなくてもいい、かもしれない。すぐもどってきます。だから今、僕らが眠らない理由をぶんなぐってぐったりさせて、さよならします。では、聴いてください、最後の曲です。さよなら僕らが眠らない理由



『さよなら僕らが眠らない理由』 
作詞作曲:せもし



ドアを開けたら誰もいない すぐ外に繋がるこの部屋で僕は光を断ち切る
眠らない街に睡眠薬ばらまいて自分以外を夢の世界へ
まだ起きてます 眠れないのです 始めたいんですけど
豆電球だけが僕の存在を輝かせる 小さく輝く 反射すらしなくなるかも
居酒屋の喧騒がうらやましくなって行きたくなって でも誰もいなくて うるさいってつぶやくだけで
一人で月を見上げたら曇り空 いっそオーロラ いつも気分だけ そんでもっと落ち込む何か


今夜こそその殻にじっと こもらずに不器用な一歩
必死にもがくリリシストならば つかみとれ生き残るヒント


そろそろ安心していいですか?もう解放されてもいいですか?
僕の横で寝てくれませんか?一人で眠らなきゃなりませんか?
何も何もしませんからただそばに
泣いてもいいですか?無理やり涙を流してもいいですか?
落ち込むフリで終わればいいのに
ぶんなぐろうとして虚空を掴む僕らが眠らない理由


ベッドに入って数時間経ち 使い道の無い携帯電話を触る 
誰でもいいから返事をください あなただったら何て返してくれるかな
たくさんの大切な人の顔が天井に浮かんできてはにじんでく
『ごめん』か『ありがとう』か 僕はどっちの言葉を言えばいいのだろう
押し付けられた優しさは 今の僕を何とか支えてくれてる
もう眠らなきゃ 明日は起きなくちゃ そんでみんなに会うんだ


口癖の明日こそきっと とっぱらってその殻をいっそ
真夜中のリアリストならば そこで見つけ出せ隠されたヒント


もう寝ていいですか?眠ってても大丈夫ですか?
気にしてますか?気にしてくれるのですか?
僕はとても助かります
約束してもいいですか?10時まで寝てもいいですか?
少しだけやる気が出てきました
今は必要ないけどまた今度来てもいいよ僕らが眠らない理由


思い出していいですか?忘れなくてもいいですか?
辛くて苦しくて毎晩吐きそうになったこと
たまになら頼ってもいいですか?たまになら弱音を少し言ってもいいですか?
神戸で出会った大切な人たちへ
強がってもいいですか?自信持ってもいいですか?
たった一人その部屋の中で
向き合って挑戦状を叩きつける僕らが眠らない理由


今日は楽しかったです!ありがとう!また会う日まで!


ピイイイイガアアピイキュルウウウウ!!!え?アンコール?





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アデェエイ!
アンコールありがとう!正直、和都くんはリアル友達だけど!じゃあ、もう一曲だけやらせてもらいます!ほんとにありがとう!4月から東京行くんで、東京にはライブハウスが多いみたいだし、貧乏学生になっちまうだろうけど、お金貯めて遊びにいくんでこれからも音楽馬鹿をやりますよ!すべてのダメ人間にささげる!世間から馬鹿にされても諦めないしつこい最高のダメ人間にささげる!ゆるく強く頑張る僕の歌!聴いてください!



『僕が東京に出る理由』 
作詞:せもし 



努力すれば必ず成功するって無責任に言えたらなあ
わかってるんけどね 虚しい努力が世の中には溢れてるってこと
ウソでもいい 確信なんて言葉に意味なんて無いから
頑張る落ちこぼれが大好きなのはきっと僕がそうでありたいから
たくさんの小さなことに悩み続けてバランス取ってる
報われない努力なんてない いつだって取り返せるはずさ そうじゃなきゃ


ものすごく不器用な愛の告白をしました
そして僕は東京に行きます
居心地の良い所を抜け出します抜け出します
君のために頑張ったんじゃないけど君がいなけりゃ僕は頑張れなかった
だから ここは帰ってくる場所です
僕は戦場に行きます たまに帰ってきます たまに思い出していいですか?



答えはもう出ているんだから
誰にも聞こえないように叫んでみた
何の意味も無い言葉に気付いたんだ
忘れちまえって虚しくまた意味が無くって
夢をあきらめようとした 朝日の欠片 無視した


変わらないカッコ良さを持ちたいけど 3年前の服はもうダサくなっていた
僕は流されていることに気付かずに怪我をする 服はずぶぬれ
朝日でしか乾かないみたいなので、諦めた 2年前の服で我慢しようと思った
『夢を見ることが僕の現実です』半年前まではそんなこと言ってたなあ
落ちてた小石で自分をぶんなぐった


答えはもう出ているくせに
大声で叫ぶことが出来ないよ
ちっぽけなプライドが邪魔するんだ
逃げじゃないって正当な理由欲しがっちまって
夢をあきらめようとした 眠たい欠片 拾った



この街を出て行かなきゃならない 絶対に出て行かなきゃならない 
僕はまた資格が無いとか言い訳しちゃいそうだから
痛いほど大切なものを捨てる日がもうすぐ来る だけど それでも大人になれないんだよな
捨てたものの上に立つ 踏みにじってやらなきゃ 意味とかわかんないけど子どもだから 
ふとした瞬間に自分がふわふわ浮いちゃって 自分を客観視してる瞬間が嫌でたまらなくて
今までの努力を全否定してしまうような気がして


後戻りは出来ないねと自分につぶやくのさ
少しふっきれた



答えはとりあえず君に言っておくよ
一つでも心に幸せがあったら
誰にも負けないと思えるんだ
はりぼてのような自信でも誓いは譲れなくって
夢を馬鹿みたいに宣言した 明日の欠片 見えないけど見てみた


久しぶりに自分が出てこない夢を見ました あなたは可愛いです
東京に行きます さようなら さようなら ありがとう


僕らの住むこの世界には旅に出る理由があり 誰もみな手を振ってはしばし別れる
僕らの住むこの世界には旅に出る理由があり 誰もみな手を振ってはしばし別れる

ありがとう!ダメ人間!楽しもう!もっと楽しもう!また遊びましょう!さようなら!ありがとう!




『本日の公演はこれにて終了しました。このライブの模様は編集してDVD化(ですね、ヴィクトリー、だからまとめちゃおう文章で)して無料で公開いたしますので、そちらもお楽しみにしていただけたら幸いであります。これからは僕らが眠らない理由、改め、情熱スタッカートをよろしくお願いいたします。名前が変わるだけですが、今日のラェイブを見ていただけた方ならその意味がわかってくれるはずだと信じています。もう眠れます。それではさようなら、また会う日まで、楽しむことに必死になるっていいですね。お気をつけて。』



メッセ:semoshi@hotmail.com