クリーム料理研究家のピザ職人クリーミーしもせです(糖質制限レシピメイン)

好きな料理はいつだってクリーミー。メイン稼業はイタリア料理人&ローマピザ職人クリーミーな料理を紹介するブログ。最終目標は、クリーム料理酒場を出店することです!クリーミー!

ハチ公バスでアンドナンドへ行こう

友人二人と『何処かへ遊びに行こうか?誰かの家のタンスの中でゆっくりしたいなあ、陳健一のタンスとか。』って話してたんだけど、僕のTシャツのそばにしまわれたい欲は却下された、そこにたまたまやってきたハチ公バスに何も考えず乗ってみることにした。100円で乗れるし。

バスの中は薄暗く狭いけど座り心地は快適、まるで闇市に向うベンツのよう。見慣れた街の風景に無理してはしゃぐ私、『そこで豆腐落とせ!』と自転車で買い物に走るおばさんにエールを送ったりもした。バスは遠回りしまくって渋谷区役所前へ。さて、どうしようか。とりあえず渋谷駅に向っててくてく歩くことにしたら、アンドナンド*1を発見した。

ミスドが運営する高級ドーナツって位置づけでいいのかな。ドーナツはちょいと高い、ミスドの二倍くらい。僕はチョコがいっぱいびちゃびちゃに塗り付けられたドーナツを買った、友人はレモンティーの味がするドーナツ、もう一人は抹茶味の固い棒状の卑猥なドーナツ。


チョコレートの味はミスドのチョコの味で、粘度が強く食感になめらかさが加わってて『あたし、安くないわよ』っていうオーラを出してました、この高級娼婦め。友人のドーナツをわけてもらったのだけど、レモンティードーナツを食べながら水を飲むとレモンティーの味がしたので、もうティーパックはこの世から消えても良いんだなあって紅茶業界のことを考えながら絶望しました。これからは水にドーナツを溶かす時代がやってくるのだ。

ぽけーっと時間とドーナツをつぶして、ノープランのまま時刻は夕方7時前に。これでは何だかもったいない、何か美味しいものを食べに行きませんか、残り少ない人生を謳歌しようではありませんか、今何を食べたい?ザトウクジラ?皇帝ペンギン?アザラシ?え?今日は南極まで行く気はない、じゃなくて、和風居酒屋?ということで南極行きは諦めて中目黒にある村上製作所というお店の予約を取った。ここはお店の外装が完全なる工務店らしく、見つけるのは非常に難しいということで有名です。でも、中に入ったら、目の前で豆腐を作ってくれたり釜飯を炊いてくれたりものっそい美味いらしい。よーし、行くぞー!待ってろー!俺が行くまで逃げ出すんじゃねえぞ、中目黒!逃げたらもう二度とエヴァに乗せないぞ・・・